オーストラリア サン パシフィック カレッジ (ケアンズ)の学校情報

留学アコスタ > 語学留学ラボ > 学校情報 > オーストラリア サン パシフィック カレッジ (ケアンズ)の学校情報

2017-05-12

オーストラリア サン パシフィック カレッジ (ケアンズ)の学校情報

02


オーストラリア サン パシフィック カレッジはケアンズにある語学学校で、1985年に創立され、優秀なベテラン講師陣による授業は評価が高いです。カリキュラムとクラスは読む、書く、聞く、話す、の各レベルで分けられ、生徒に合った授業を提案します。

これよりその詳細をご紹介します。

学校の特徴

オーストラリア政府認定校であり、ケアンズ市の北部ケワラビーチにあります。世界遺産のグレートバリアリーフへ続くビーチまでは徒歩圏内です。

学校の敷地内には寮やプール、スポーツ施設、カフェテリアなどが整っています。学校はケアンズ市内ではありませんが、施設が充実しているので不自由しません。

サッカーやヨガ、クッキング、ダイビングなど、毎日楽しいアクティビティを開催しているので、学校ではしっかり勉強し、放課後はアクティビティを通して多くの友達が作れるでしょう。

ロケーション

ケアンズはクイーンズランド州北部の熱帯地方への玄関口で、熱帯性の気候と大自然の中でゆったり過ごすことができるため、世界で人気のリゾート地です。

世界遺産であるグレートバリアリーフは日本の国土とほぼ同じ海域面積を持つ巨大な珊瑚礁で、人気のグリーン島やフィッツロイ島でダイビングや遊覧飛行などが楽しめます。美しい海でカラフルな魚やサンゴ礁、ウミガメなどと遊んでみてはどうでしょう。

世界遺産に登録された熱帯雨林に囲まれた小さな村であるキュランダがあります。テレビ番組の「世界の車窓から」で有名な125年以上の歴史を誇るキュランダ高原列車(上写真)で向かうことができ、間近で世界遺産を体感すれば、価値観が変わるかもしれません。キュランダでは先住民族の文化体験や動物たちと触れ合うことができます。

学校はケアンズ市内から車で約20分です。グレートバリアリーフへ続くビーチまでは歩いて行くことができます。

週末は上記のような観光地で自然を楽しむことはもちろん、ファーマーズマーケットで格安の新鮮なフルーツや野菜を買いに行ったり、ビーチ沿いを散歩したりして、のんびり過ごすのもいいですね。

オーストラリア政府観光局公式サイト ケアンズ情報

学校と周辺環境

02

講師は生徒へ英文日記や宿題などの提出を伝え、ルール違反や宿題忘れなどがあると英語で反省文を書かせたり、インターネットの使用制限をしたりと厳しくしています。専門部署のスタッフからの学習や生活面のアドバイスはもちろん、進学やコースの個別カウンセリングや仕事探しのアドバイスも行っています。

学校内のルールは厳しくしており、学校スタッフによるサポートは充実しているため、しっかり学び、留学を成功させたい生徒には適した学校でしょう。

学校は寮も一体になった複合キャンパスで、敷地内に寮、温水プール、テニスコート、バスケットボールコート、ムービールーム、バーベキューエリア、カフェテリアなどの施設が整っています。スポーツ施設は放課後のリフレッシュに最適ですね。

コースの種類

一般英語コースは週20または、週25時間です。スピーチなどを取り入れた会話中心クラス。特に日本人が苦手とするスピーキングとリスニングを強化するための内容となっています。午後の選択授業は4技能の応用力を伸ばすことを目標にしたクラス、TOEIC準備クラス、アカデミックな内容の語彙や表現を学ぶクラスなどです。

学校はケアンズで唯一のTOEICの公式テストセンターで、受験申し込みも受け付けています。

一般英語+スキューバダイビングコースは1週間の一般英語コースを受講し、1週間のスキューバダインビングの講習を受け、ライセンス取得を目指すコースです。ダイビング講習では、2日間のプール講習、2泊3日のグレートバリアリーフでの研修が含まれます。

1対1のプライベートレッスンは一般英語コースなどと組み合わせて追加することができます。1日3時間、1週間以上から申し込みが可能です。

レベル、学生数、国籍など

推奨する学校入学日を設けてはいるものの、毎週月曜日に入学ができます。1週間以上から勉強でき、初級から上級まで5段階レベル分けされているので、誰でも安心して留学できるでしょう。

学生数は平均150名の小規模校となっており、留学生の出身国は日本、台湾、韓国、ドイツ、スイスなどです。

滞在方法

ホームステイまたは、学校が運営する学生寮を利用できます。まずは人気であるホームステイのご紹介です。

英語の向上やオーストラリア文化を学ぶためにもホームステイは学校もすすめています。ほとんどのファミリーが学校近郊に住んでいて、中にはお宅から学校まで自転車を使って通える場合もあるでしょう。

ファミリー宅では基本的に同じ国籍の留学生が一緒に滞在しないよう手配されています。また、定期的に滞在手配担当者がお宅を訪問していますので、安心感が高いです。さらに、トラブルや急病などの緊急時は24時間対応でサポートしています。

ただし、充実した留学生活を送れるように気になることがあれば自分から進んで学校スタッフへ相談することも忘れないでくださいね。

寮は学校が運営しているSPCF Dormitoryがあります。料金を抑えて多国籍の友達を作りたい方によいでしょう。寮はキャンパス内にあり、2または、4人部屋です。食事は3食付きなので自炊が必要ないのも助かりますね。

また、寮滞在の生徒は夜間や週末にもキャンパス内のスポーツ施設を利用できます。

おわりに

日本語スタッフのサポートがあり、日本からケアンズへは直行便の格安航空券で渡航できることに加えて、研修費用は他校より安く学べるため、人気の学校です。そのため、日本人割合は平均約40~50%となっています。

英語だけの環境でしっかり語学を身に付けて帰国したいという方には強くすすめられませんが、低予算で環境のよい学校で学びたい方にはおすすめです。 

関連リンクには学校のイメージに役立つ動画がありますので、ぜひご覧ください。学校のFacebookでは楽しそうなアクティビティや卒業式の様子などを見ることができますよ。

オーストラリア サン パシフィック カレッジ (ケアンズ)

この記事を書いた人

maple-profile

Maple

アメリカへの留学やカナダでのワーキングホリデー経験があります。旅行も大好きで、これまでにヨーロッパやアジア圏など15カ国以上の国を訪れました。また訪れた国々で出来た友達と今も連絡を取り合い、彼らが日本を訪れる際は日本の観光案内をしています。そんな経験を通して知った世界のアレコレをお伝えできたらと思います。


ABOUT

語学留学ラボは株式会社ユナイテッドツアーズ(近畿日本ツーリストグループ)の海外留学を専門にお取扱するセクション「ACOSTA海外留学情報センター」が運営する留学情報メディアです。留学を検討中の方、語学力を磨きたい方に役立つ記事を配信しております。

RANKING

NEW ENTRY

CATEGORY

留学アコスタ